SUP修行

 今日は銚子マリーナ海水浴場まで遠征です。

 NETで調べたところ、足がつく浅瀬で波も穏やかなため初めての人でも安心ですとのことでしたので・・・

 距離的には、先日行った鵜原海水浴場と全く同じで九十九里町から約50キロ、1時間ちょっとの道のりです。

 ここは、もう10年ほど前でしょうか、たまたま訪れた際、屏風ヶ浦の切り立った断崖が続くさまが、異国情緒たっぷりでとてもお気に入りの場所になりました。

 調べると英仏海峡ドーバーの「白い壁」にも匹敵するといわれ、「東洋のドーバー」とも呼ばれているそうです。

 海岸の上には、名洗港海浜公園が続き椰子の木が植えられており、その先に銚子マリーナが続きます。

 トイレ、シャワーも完備しており何より駐車料金が無料なのはポイント高いです。

 屏風ヶ浦には、遊歩道もあり散策するにも事欠きません。冬の空気が澄んだときには、ここから富士山も見えるそうです。

 と言うわけで、7時50分到着。

 開場は9時からということですので、ライフセーバーの姿はまだ見えません。

 海岸に近づくと

海岸1

海岸2

 おや もう入っている人がいますよ。しかもあそこであんなに浅い。この黄色い枠内が遊泳ゾーンなんでしょうね。この左側からボード類は向こうに行けということでしょう。

 それにしても風が強い。

 8時少しすぎにライフセーバー到着。女性2人を含む総勢5人です。いや心強いですね。

 遊泳ゾーンの左右に旗を立てていましたが、風の強さに旗がちぎれそう。遊泳ゾーンの横幅は200mはありそうです。その両脇が20mほど空いており、ここから入水することのようです。

 

空気入れ

 最初の儀式空気を入れていると、9時になったので開場する旨の放送がありました。

放送によれば気温は31度、潮の流れは海岸から見て右に5m/s。って風と同じ方向じゃん。

 波は高さこそありませんがひっきりなしに寄せてくるし。昔来たときはかなり穏やかだったはずなんだけどなぁ。

 ライフセーバーのお兄ちゃんに、「今日は波多くないですか?サップ超初心者なんだけどこんな風で大丈夫ですか。」と訪ねたところ、「まぁやってみたらどうですか。」と・・・・その言葉、信じて入水。

入水

入水2

 っておいおいどんどん遊泳区域のほうに波に持って行かれるばかりか、風と潮流で

あっと言う間に遊泳区域の反対側に流されてしまいました。

果敢に沖に出ようと努力したんですが

反対側

遊泳区域の反対側に打ち上げられてしまいました。あの向こうに見える芝生のあづまやの手前のベンチがベースです。

 やれやれとボードを水からあげようとすると

     あれぇーーーー

折からの強風で持ち上がらないばかりか、風が向こうから吹いているため、ボードが風にあおられ一向に前に進まないのでありますよ。

 たったこれだけの距離を20分以上かけてやっとの思いで引き上げました。

 疲れ果ててぼんやり沖を見ていると

ウィンドサーフィン

ウィンドサーフィンしてる人がいます。この風なら最高だろうと思って見ていると、早い早い。こりゃすげーやと思ってたら次々にドボンドボンと転覆してました。

 やっぱり今日の風じゃ立てるわけないやと諦めてボードを撤収。

 あっ!ああっ!!!

 親父なんて馬鹿なのっ!どうせもうやらないなら、あっちで空気抜いてくりゃこんな苦労することなかったじゃん。

 楽しんでダイエットなんて、今日は空気入れとボード持っての漂流しかやってないじゃん。もう早く帰って寝よう。

屏風ヶ浦

そうそう。あの断崖の上を道路が通っていて行きも帰りも使うんだけど、道路名称が

   銚子ドーバーライン

っいうんだって。なかなか快適な道路ですよ。

今日の収穫はこれだけだな・・・

 

SUPデビュー

  昨日(8月5日)の記録です。

 高校時代の仲間と葉山に海水浴に行った親父は、ヒナ夫の持ってきたSUPにすっかり魅了されてしまい、早速amazonで「ポチッと」してしまったのであります。九十九里の相方にも話すと「是非欲しい」と言うので、2枚注文。

 配達されてきたので早速九十九里に持ち込み、点検。

点検

 しかしでかい。しかも 1枚に空気入れるのに、ポンプのピストン運動350回。2枚で700回。これだけで購入目的のダイエットに十分な運動です。

 早速デビューしようと思ったのですが、親父達の隠れ家近くの不動堂海岸は、波が荒くSUP初心者には不向きだろうと考え、近くに最適地はないかとネット検索。

 初心者なら波のない湖がいいだろうと、亀山湖に決定。

 九十九里町からは結構遠く、車で1時間40分かかります。こんなにかかるんじゃ練馬の自宅からでも行けるんじゃねって感じ。

 ボードから空気を抜いて車に詰め込み、9時過ぎに出発。

 いやぁ遠い遠い。よく訪れる大多喜を抜けまだまだ先であります。11時近くにようやく到着。

 エントリーできる場所は、笹公園というところでライフジャケットさえ着用していればオーケーとのことでした。

 なかなか良さそうな感じです。

亀山湖

 駐車場に車を止め、湖岸に下ってみます。

亀山湖

 エントリーできそうな場所を探すと、ありました。でもなんだか水が・・・

 転落することがマストな親父達にとって、この水は・・・絶対に入水したくないぞ。間違って水でも飲んだら大変なことになりそう。

亀山湖

 遠くで見ている分には、なんだかできそうな感じはしますが、ここは、転落する恐れのない熟練者には良くても、親父達にはハードルが高杉、それなら不動堂海岸でひっくり返っていた方がいいという結論に達しました。

 戻る途中に、勝浦や御宿あたりなら不動堂よりもう少し波が静かなんじゃないかと考えていてハタと閃きました。

 30年ほど前、釣りにはまっていた親父は、勝浦の鵜原海岸が波もほとんどなく凄く穏やかだったことを思い出したのであります。

 藁にもすがる気持ちで、鵜原海岸へ。

 海岸入り口はとても狭く、車で進入するのがはばかられるような道だったのですが、思い切って進んでみると海岸突き当たりの右に駐車場があるじゃありませんか。しかも料金は、1000円。実にリーズナブルであります。

 海岸はと言うと、マリンスポーツゾーンと

マリンスポーツゾーン

 海水浴ゾーンとに分けられており、波も穏やかであります。

海水浴ゾーン

 しかも平日ということもあり、人影はまばら。絶好のデビュー地でありますよ。

ボード

 ボードを膨らまし、相方は早速進水。

進水

 ここからスマホに防水カバーをつけたため、画質が落ちます。

 しかしなんといい天気でしょうか。予報では雨だったはずであります。晴れ男の面目躍如でありますな。って自画自賛時じゃね?

 しばらくすると、海水浴ゾーンの人が増えてきました。

海水浴ゾーン2

 海岸全景をパノラマで

全景

 さてそろそろ進水式と行きましょうか。

進水

 相方が、カメラを防水ケースに入れるのを嫌がったため自分で撮影するしかありません。

 しばらくして立つことができたのですが、自分で撮るしか・・・

進水2

 相方もなかなか様になっています。

1

2

  この海岸は、浜辺にかなり近いところで波が砕けるため、短い距離ですがサーフィンのように波に乗ることもできました。

サーフィンのまねごと

 2時間ほど遊んだところで疲労困憊。足が上がりません。ダイエット効果を実感しつつ撤収。

 こんばんは吸い込みがいいだろうなぁ。って運動した意味ないじゃん。少しは自重しろよな親父・・・

 午後2時半撤収し、帰路へ。 

 鵜原海岸最高でした。

 

 

2号のお直し2

 今朝は2号をお供にして、笹目橋経由で彩湖まで行ってきました。

 5時出発でしたが、いつもより気温、湿度とも高い感じでした。

 笹目橋を渡りきって、荒川第一調整池排水門を目指します。

荒川第一調整池排水門

 この排水門を渡ると彩湖はすぐなのですが、荒川と彩湖の間の道になってしまうので、幸魂大橋をくぐり管理橋を渡らないと道満グリーンパークの方には出られません。(ぐるっと大回りすればいいんですけど、今日はすでに暑いし、早く帰りたいのですよ。)

管理橋から

彩湖案内

 

 前回来たとき、SUPやってた人がいたので禁止事項の確認。

禁止事項

 モーターボート、水上バイクとは違うものだし、遊泳とも違う。好意的に考えると大丈夫なんじゃね?

 禁止されているのに、釣りやってる人もいるし。しかも中に入って・・・

釣り

 管理が国交省じゃ、やってもいいか確認しても「その他危険な行為、彩湖を汚す行為」として却下されるのがオチかな。やっちまって、怒られたらごめんなさいの方がお利口さんかしら。なんて、こんな考えはアラ古希親父としては、いけませんねぇ。

2号

 実は、2号にはスタンドがなくて出かけるときいつも立てかける場所に苦労してました。昨日密林でセンタースタンドと、スマホホルダーを注文していて、今日来る予定なので、取り付ける予定です。

 帰る途中、幸魂大橋を渡っていると、鉄塔の下の島に、白い鳥が密集しているのを発見。

 こういうシーンだと千葉の場合、大抵鷺なんだけどよくみると

鳥2

 ちと違う。この鳥は誰でしょう。ご存じの方がいらっしゃったら是非ご教授ください。

 で、家に帰って午後、スマホホルダーとセンタースタンドが来たのでお直ししました。

お直し

センタースタンド

スマホホルダー

 これで、2号の出番が増えます。

 やっと1号の修理が出来る。

海水浴in葉山2

 2日目(7月27日)

 4時半起床。まだみんな寝ています。

 せっかく葉山に来たので散歩に行くことに。

 宿のすぐ近くの「葉山公園前交差点」へ。まっすぐ行くと行き止まりと書いてあるので「長者ヶ崎海岸」と書いてある方へ。ほんの少し歩くと、葉山公園駐車場があり、その先に海岸が。

長者ヶ崎海岸1

長者ヶ崎海岸2

 江ノ島も見えます。今日は凄く天気よさそう。

長者ヶ崎

 長者ヶ崎も見えます。

 ウミウがいたのですが、

ミウ

トンビがくるりと輪を描いたら、ドボンと潜って消えました。

トンビ

葉山公園1

 後ろを見れば、葉山公園に通じる階段が。

葉山公園2

 上っていくと、

葉山公園2

 公園です。結構木々があって、涼しそう、ここにペースを作って海岸に行けばいいかも。今日は森戸じゃなくてこっちを提案してみよう。

葉山公園3

 公園を出て、宿方向に戻ります。

宿方向

 概ね5時半。すっかり陽は昇っているはずですが、やや雲が多いです。

脇道

 脇道に入って、あてもなく徘徊・・・って惚け老人だな。

 そろそろお腹が空いたので宿に戻ろう。

高台から

 

宿看板

 宿前では、

にゃんこ

猫のお出迎え。ここには、3匹の猫がいました。一晩泊めただけでK氏のランクルのボンネットは、あしあと模様に様変わりしてました・・・

朝ごはん

 朝ご飯です。いかにも海の宿という感じのとても美味しいご飯でした。

 朝食後、本日の予定について検討会。長者ヶ崎海岸で遊んでから帰ることに決定。

 宿の玄関に

モモ

 モモクロのサインが・・・

 コロナが来る前に来ていたのねーーーー

 清算後、車を葉山公園駐車場に駐め海岸へ。

長者ヶ崎海岸3

 昨日とは打って変わった強い陽射しです。

海の家

 ちと小洒落た海の家もありますよ。

 K氏と親父は本日はちと疲れたので海岸でぼんやり。

 ヒナ夫は今日も元気。

ヒナ夫

 しかも今日は立ってる。

 今日は人もたくさん。

日焼け

 昨日の陽射しですらこれですから、今日はどうなるんだろ。

 怖いので、公園に退散。

公園

 ふうーーーっ。

 この後しばらくヒナ夫とT氏が気の済むまで遊んで14時頃帰路へ。

 皆さんありがとうございました。

 またよろしくーーー

海水浴in葉山1

 26,27日と高校時代の友人たちと海水浴に行ってきました。

 場所は昨年に続き葉山の森戸海岸です。昨年は親父の醜い体型を晒すのが恥ずかしく、ダイエットに励み、今年こそは浜辺のギャルの視線を独り占めを目論んでいたのですが、・・・絶句

 いつものように朝4時半に起きると、どんよりした空模様であります。

 迎えに来てくれるのは、6時過ぎ。荷物をガレージ前に下ろし、時間があるのでシャワーを浴び朝食をとりながらゆっくり待っていると、雨が・・・

 テレビを見ると、本日訪問予定の三浦半島には大雨警報が発令されています。

 しかもですよ。迎えの時間が近づくにつれポツポツからザーザーに。到着時間には土砂降りであります。

 これは、やはりヒナ夫雨降り大明神の祟りですな。かわいそうなので多くは語りませんが、奴は超強力な雨男なのであります。本日も、迎えに来てくれたT氏が先にヒナ夫を拾って拙宅まで来る途中、ポツポツザーザー到着時土砂降りですから。

 T氏宅で今回送ってくれるK氏のランクルに合流し、出発。

 9:40森戸海岸到着。

雨の森戸海岸

 いつもの場所に行くとかなりの雨で、江ノ島も見えません。

 昨年は

昨年

こんな感じで、遠くに江ノ島が見えています。

 葉山マリーナに戻り、明日の予定であった買い物を先にすることに。

葉山マリーナ

 雨はこんな感じです。

 で、中に入ると、店は10時開店ということでまだ皆閉まっています。

 しかも、時間潰しに使う予定だったカフェは臨時休業。泣きっ面に蜂とはこのことです。

 買い物後、森戸大明神近くのパン屋さんでなんとか時間を潰し、12時半頃森戸海岸に戻ると、

森戸大明神駐車場 

やっと青空が出てきました。これで設営が出来る。

 何でも今回は、ヒナ夫がSUPを購入し、進水式を執り行うというので興味津々であります。

 先日荒川の彩湖ポタリングした際目撃し、

彩湖

気になっていたものですから。

 で、いざしゅっぱーーーつ。

SUP1

SUP2

SUP3

おおおっ!!!立った立った。おめでとう。

凱旋

 しばらくしてから凱旋して参りました。なかなかかっこいいぞ。

 遠くの方では、

SUP4

女性もやっています。昨年には見られなかった風景です。

 さすがはヒナ夫。流行に聡い!!!

 その後、みんなでヒナ夫からボードを借りて挑戦しましたが、やはりスタンドアップは難しい。バランスをとるのが大変難しく、シッティングで漕ぐのが精一杯。相当体幹を鍛えないと無理ですな。しかし、楽しみながらダイエットになるんだから見逃す手はないぞ。何せほんのちょっとトライしただけで、ひどく疲労するんだから。

 10数年前、20キロのダイエットをやった時に取り入れたインラインスケートに匹敵する面白さだな。ただ身体がついてこれるか心配だけど。

 というわけで、本日は16時過ぎ頃撤収。開始時間が遅かったためちょっと物足りなかった気もしますが、明日の葉山マリーナの買い物をする予定がなくなったので、午前中また泳ぐことにして本日の宿「民宿とめぞう丸」さんへ。

とめぞう丸

 宿に着いてすぐ風呂に入り、酒を飲んでいると程なく夕食。写真撮るのを忘れたので昨年の写真をば。

夕食

 今年も全く変わらず美味しかったです。

なお散歩(暗渠探検2)

 引き続き、成増の暗渠探検です。今日は、こいど川に挑戦です。前回、出発時間が5時半とやや遅く、帰宅時暑くて汗びっしょりになってしまったので、今回は4時55分出発、スタートは順方向にします。

 気温もそう高くなく、気分爽快。

向山通り

 バス通りも車の通行はほとんどありません。右側には、

AST

MTBとBMXの販売店ASTがあります。ここは以前普通の街自転車屋さんで、大学時代北海道一周に一緒に行ったBSのダイヤモンドツーリングDT6110を買ってもらったところです。現在は代替わりして、息子さんが引き継ぎ結構繁盛しているようです。

 この先、100mほど先の左側にはよくお世話になっているやきとんの泰希さんが。 

やきとん泰希

 ここは以前「丸徳」という家族でやっていたとても安いやきとん屋さんで、酒場放浪記にも出たお店だったんですが、一昨年突然閉店してしまい残念に思ってたところ、すぐに居抜きで開店したお店です。コロナ禍の真最中の開店だったため大丈夫かと思っていたんですが、安くて美味しいので繁盛しているみたい。

 そういえば、飲んべえの部屋も大分書いてないので、一度来て書いてみますか。実は来たばかりなんだけど。

 その先には、アカオアルミの工場が。

アカオアルミ

 工場の前には、アルミのインゴットが。1013Kとか1015Kとかいうのは、重さですね。

 実はこの会社アルミ製造の会社なんだけど豆腐の販売もやっているんですよ。しかも、那須で作った豆腐をここまで持ってきて売ってるんだって。一度食べてみたいもんです。

 

東埼橋

 ここは、東京と埼玉の境。白子川に架かっている東埼橋、新東埼橋です。これを白子川に沿って下ると、

富士食品

この前紹介したパン屋さんがあります。朝5時少し過ぎだというのに凄くいい匂い。

 でその先に、いつものあづまや。

あづまや

 上を通っているのは、東武東上線

白子宿と川越街道

 東上線を越え、右に折れて旧白子川沿いを進む。

旧白子川沿い

 

百々向川緑道説明

 前回のゴール。

 今回のスタート地点は、もう少しです。

湖池屋

 

湖池屋

 湖池屋を通って、スタート地点到着。

スタート地点1

スタート地点2

 今回は、ゴールまではほんとに短い距離です。

みち

 k2地点までは、こんな感じ。暗渠とは思えません。

k2

 成増四丁目前新田の森の階段です。ここにくると、蝉の声がものすごいです。しかもアブラゼミとミンミンゼミの二重奏。やっと夏が来たかという時がします。いつもジージーという耳鳴りばかりのくせにまだ蝉の声が聞きたいのかね。

 ところが、この後「いい暗渠が続きます。ここでウットリします。」ってあるんだけどそれが見つからない。

 上赤塚公園の北側には千代田セレモニーがあってその脇道は

k3?

こんな感じ。K3地点に見えないこともない。いやきっとそうだ。そうに違いない。そう言うことにしよう。っていい加減さ爆発だな。

 でもこの先に、「狭くて通れない・・・」ってあるK4とおぼしき地点があるのよ。

K4だ

 でこの先またわからなくなるんだけど、「道路の高低差で谷がわかる。」てんだから、谷らしいの探しゃいいんでしょ。ってわけで

谷でしょ

谷でしょ。この先に、地味にゴールとおぼしきところが。

ゴール

 いやー なんか今回は釈然としないけど暑くなってきたので帰ります。

赤塚高台通り

 帰り道は、前回通った赤塚高台通りです。丁度いいので、西友でおにぎりとアクエリアス買っていこうっと。